チョコレートが持つ意外なメリットと効果

###Site Name###
TOP > チョコレートが持つ意外なメリットと効果

チョコレートと言えば、甘く、非常にカロリーの高い食品の一つというイメージが一般的です。
ダイエットをされている方や、カロリー制限や脂質の摂取制限をされている方にとっては、あまり摂取してはよくない食品という印象をもたれがちですが、実は、その中には幾つか誤解があります。


例えば、チョコレートを食べると血圧が上がるのでは無いかというイメージがありますが、実は、これは大きな間違いです。

チョコレートに含まれるポリフェノールの一種であるエピカテキンという成分は、私たち人間の血液の流れ、いわゆる血流を穏やかにする効果を持ち、このエピカテキンの血流安定効果によって、高血圧症状を緩和し、穏やかな状態へ導くことが出来ることが判明しています。

ですから、高血圧症状でお悩みの方も、チョコを適量食べると、症状を緩和する効果が期待出来るという訳です。また、チョコはダイエットにとって非常に大きな天敵の一つと思われがちですが、こちらも、ある意味では誤解といえます。
実は、上記したチョコの成分の一つ、エピカテキンは、体内に摂り入れられることにより、身体の筋肉組織を増強する効果を持っています。
また、同時に、体重を減少させる効果があることも研究によって判明しています。

もちろん、食べ過ぎは良くありませんが、適量摂取は、逆にダイエット効果を助ける力になります。更に、チョコレートの意外な効果の一つが、美容効果です。

チョコには、鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムや亜鉛など、美容に必要となる様々なミネラル分が含まれている為、毎日少しだけ食べる事で、優れた美容効果を期待することが出来ます。

チョコレートという食べ物に対する間違ったイメージの一つが、チョコレートを食べ過ぎるとニキビが出来てしまうと言う説です。長年にわたってこの説は多くの方に信じられてきましたが、最近の研究などによっても明らかにされているように、実は、この説は間違った説だという事が判明しています。

では、なぜ、チョコレートを食べるとニキビが出来やすいというイメージを持たれてしまったのでしょう。

その最も大きな要員が、チョコに含まれている油脂分の存在です。

チョコを指先で溶かしながらこすり合わせてみると、指がぬるぬると油っぽい感触になることからもおわかりのように、チョコには、ココアバターなど、油脂分となる成分が非常に多く含まれています。

これら油脂分は、体内に摂り入れられることによって本来であれば分解され昇華されるのですが、過剰に摂取した油脂分は体内で分解されずそのまま残り、毛穴などから皮脂として分泌されます。

この際、毛穴から出る皮脂が詰まってしまい、汚れとなることによってニキビや吹き出物などの症状へと変化してしまいます。
これが、チョコを食べるとニキビが出来るという誤ったイメージへとつながっています。
実際、チョコレートに含まれている各種成分に、ニキビを直接発症させる原因物質は一切ありません。

それどころか、チョコレートに含まれる成分によって血流が促進される為、身体の代謝機能が改善し、老廃物を一気に体外へと排出する効果も期待出来ます。このように、チョコを食べるとニキビが出来るというわけでなく、むしろ、適量摂取はニキビの予防にも抜群の効果を持っています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101440000
http://okwave.jp/qa/q7623312.html
http://www.nikkei.com/article/DGKKASM131H02_X00C16A5MM8000/